お問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ

03-5200-0888

24時間お問合せ・ご予約

メールお問合せ

ウイルスに対抗する歯科の重要性|三越前の歯医者【千葉歯科クリニック】三越前駅徒歩2分の歯医者

千葉歯科クリニックへのご予約・お問合せは03-5200-0888まで
ご予約・お問合せフォームはこちら
訪問歯科はこちら
千葉歯科クリニック

ブログ

ウイルスに対抗する歯科の重要性[2021年07月08日]

日本橋三越前駅にあります千葉歯科クリニックです。

日本歯科医学会連合COVID-19対策チーム長によるwebセミナーを受講いたしました。

現在、世界中を震撼させているCOVID-19は、いまだ収束も見込めない状況です。

セミナーではCOVID-19の正しい知識、歯科診療における対応、口腔健康管理の重要性について拝聴いたしました。

引き続き最新の情報をもとに、感染対策を徹底して行ってまいります。

 

千葉歯科クリニック

年に1回は口腔がん検診・口腔健診を受けましょう[2021年01月09日]

口腔がん検診について

日本人の死亡原因の第1位は「がん」です。口腔がんは、その中で「死亡率35.5%(第12位)のがん」なのです。

年間7,675人の方が口腔がん(咽頭含む)で命を落としています

現在、日本では2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなられています。まさに「がんは日本人の国民病」と言っても大袈裟ではないかもしれません。現代の医学は大きく進歩して生存率も高くなってきています。それでも「がん」と診断されたら動揺し、不安になりますが、口腔がんは早期発見・早期治療ができれば予後もよく、命を落とすケースが少なくなります。

口腔がんはお口の中に発生するがんで、歯以外のどこにでも発生する可能性があります。舌がん、歯肉(歯ぐき)がん、口腔底(舌の下)がん、頬粘膜がん、口蓋がん、口唇がんがあり、そのうち日本人に一番多いのが舌がん(約60~70%)です。

口腔がんの場合、初期は自覚症状がほとんどありません。痛みがある、なかなか口内炎が治らない、食べ物や飲み物がしみる、違和感がある、首のリンパ節が腫れる、といった症状が出てきたときは、すでにがんが進行している状態です。

目に見える症状として、舌や粘膜の変色があります。ほかにも、しこりがある、ざらざらした突起・潰瘍、口の中の痛みしびれ感、物が噛みづらい、飲み込みにくい、話しづらい、顎や舌を動かしにくいなどの症状が現れます。

定期的に検査をし、わずかな変化を見逃さないことで、口腔がんの早期発見と治療を実現します。

当院では、口腔内蛍光観察装置ORALOOK(オーラルック)を導入し口腔がん検診を行っております。口腔内蛍光観察装置とは特殊な光を照射することによって病変組織を発見することができる装置(口腔内を観察する装置)です。非侵襲で痛みもありません。※口腔内蛍光観察装置は、確定診断を行うものではありません。必要に応じて大学病院と連携し、組織検査などが必要になります。

年に1回は口腔がん検診・口腔健診を受けましょう。

口腔内蛍光観察装置

石井歯内療法研修会 2日間セミナー[2020年11月22日]

日本橋三越前にあります千葉歯科クリニックでございます。

今回、石井歯内療法研修会の2日間ライブセミナーを受講致しました。

歯の根っこの治療(歯内療法治療)における科学的根拠に基づいた基本コンセプトに沿った最新の考え方や米国歯内療法専門医が実際に行っている術式について学んでまいりました。

日本橋三越前 千葉歯科クリニック

 

新型コロナウイルス感染症対策について[2020年11月17日]

日本橋三越前の千葉歯科クリニックでございます。

当院では厳しい衛生管理の基に患者様にご安心して診療を受けていただけるよう体制を整えております。

感染症対策実施歯科医療機関 日本歯科医師会

「新型コロナウイルス感染症対策について」

・当院のスタッフは手洗い、うがい、手指消毒を徹底しており、一日3回検温を行い健康状態を確認の上診療にあたっております。

・歯科医師、歯科衛生士はサージカルマスク(またはN95マスク)、ゴーグル、フェイスシールド、サージカルキャップ、医療用グローブを着用し感染予防を徹底しております。

・使用する器具・器材、歯を削るドリル等(タービン、ハンドピース等)は全て患者様ごとに「クラスB」オートクレーブにて完全滅菌し、使用直前に滅菌パックを開封致します。

・滅菌できないグローブ、紙コップ、紙エプロンなどは全てディスポーザブル(使い捨て)を取り入れ、患者様ごとに交換しております。

・診察を受けていただく椅子(歯科ユニット)は患者様ごとにアルコール消毒、次亜塩素酸水消毒をおこなっております。

・院内はこまめにアルコール消毒、次亜塩素酸水消毒を行っております。

・院内の空気感染対策・エアロゾル対策として医療機関向け空気浄化装置メディカルライトエアー、口腔外バキュームを導入しております。

新型コロナウィルスは、飛沫感染と接触感染が感染経路とされています。当院は個室診療を行っておりますので、他の患者様の隣で治療をすることはありません。最大限感染リスクを下げた環境で診療を行っております。

ご来院いただく患者様におきましては、手指の消毒や咳エチケットのご協力をお願い致します。

感染症対策実施歯科医療機関 日本歯科医師会

千葉歯科クリニック 院長

 

連携登録医証[2020年10月09日]

日本橋三越前の千葉歯科クリニックでございます。

東京慈恵会医科大学付属病院、東京医科大学病院、日本赤十字社医療センターから連携登録医証が届きました。

当院では大学病院との医療連携にも力を入れております。

 

空気浄化装置メディカルライトエアー導入[2020年06月30日]

三越前駅からすぐの千葉歯科クリニックでございます。

当院では、院内全体のウイルス対策・空気感染対策に医療機関向け空気浄化装置メディカルライトエアーを導入しております。

メディカルライトエアーは飛沫感染・空気感染予防に有効です。

効果
①ウイルス除去99.995%
MRSA除去率最大99.995%インフルエンザA型ウイルス除去率最大99.995%。
②PM2.5はもちろんのことPM0.1も積極的に捕集
粒径2.5㎛の捕集率は99.99%、粒径0.1㎛のさらに細かい粉塵は99.9%の捕集率で浄化し、キレイな空気を院内に送ります。
③消毒液や歯科用レジンのニオイ除去
医療機関特有のニオイを分解、除去。

上下歯列接触癖(TCH)について[2019年07月25日]

三越前駅、新日本橋駅からすぐの千葉歯科クリニックでございます。

近年メディアでもたびたび取り上げられているTCHとはTooth Contacting Habitの略称で上下歯列接触癖のことをいいます。

通常、日常生活でリラックスしているときは口を閉じている状態でも上下の歯は少し開いており接触していません。

しかしストレスなどによりTCHがあると無意識に上下の歯が接触しているため歯だけでなく顎関節や頬の筋肉に負担ががかかります。

TCHが引き起こす症状としては、顎関節症、歯の擦り減り・破折、舌や頬への噛み跡、口内炎、歯周病の悪化、詰め物や被せ物(セラミック、CR)の破折、入れ歯の破折など様々です。

顎関節症の発症においてもTCHが最大の病因であることが明らかになっております。

当院ではTCH是正訓練を取り入れております。

歯列接触癖(TCH)が気になられる方は一度受診をおすすめいたします。

日本橋 千葉歯科クリニック

摂食嚥下セミナー[2018年07月10日]

三越前駅からすぐの千葉歯科クリニックでございます。

7月8日(日曜日)に「診療室から在宅までをイメージできる摂食嚥下セミナー

講師:戸原玄先生 寺本浩平先生」に当院の歯科医師、歯科衛生士が参加してまいりました。

超高齢社会となった現在、歯医者に通院できない方への訪問診療の必要性が重要視されてきています。

セミナーでは認知症や脳血管疾患など全身疾患を患っている患者様へのQOLを踏まえた訪問歯科診療について症例検討などを行いました。

また、嚥下咀嚼能力が落ちている方へ、ディズニーランド内の飲食店さんや吉野家さんなどでのミキサー食や高齢者向けの牛丼などの提供の取り組みには感動いたしました。

食事をただの栄養摂取という位置づけではなく、おいしく食べることの大切さ、食事を楽しむ環境の大切さがいかに重要かを実感いたしました。

当院スタッフ一同、セミナーでの知識を生かし、日々誠心誠意訪問診療を行ってまいります。

 

 

口内菌の管理を始めませんか?[2018年06月14日]

三越前駅からすぐの千葉歯科クリニックでございます。

最近メディアでも取り上げられている、バクテリアセラピーをご存知でしょうか?

優れた善玉菌を摂取することにより体内の菌のバランスを変えていく細菌療法のことをいいます。世界63か国の医療機関で導入されております。

もともと体内に住んでいる善玉菌なので、副作用などのない体に優しい治療法です。

歯科治療およびメインテナンスと共に、善玉菌(L.ロイテリ菌)を摂取していただくと口腔内やお身体全体に効果が期待されます。

L.ロイテリ菌とはヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌です。

L.ロイテリ菌の効果として、

① 虫歯や歯周病の原因菌を減らします。

② 口臭を減らします。

③ ピロリ菌の発育を抑制します。

④ アトピー性皮膚炎、花粉症のアレルギー症状を軽減します。

⑤ 便通を整えます。

千葉歯科クリニックではL.ロイテリ菌のタブレットを取り扱っております。

ご興味のある方はご相談ください。

 

第一回「外来環」「歯援診」「か強診」のための講習会~院内感染防止対策も含めて~[2018年06月05日]

三越前駅からすぐの千葉歯科クリニックでございます。

6月3日(日曜日)に東京歯科保険医協会主催の講習会

「高齢者の状況と歯科疾患の重症化予防に資する継続管理」

「院内感染防止対策と偶発症に対する緊急時の対応・医療事故等の医療安全対策」

「高齢者の心身の特性と支援および認知症の特徴と対応」

「在宅医療・介護等、口腔機能の管理」に出席してまいりました。

当院では徹底した滅菌・消毒管理の下、適切な院内感染防止対策を行っておりますのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ

メールお問い合わせ

PAGE TOP